株式会社GUP 成長する精密金型部品の専門家

顧客に愛され、地域に根ざし、社会に貢献できる企業をめざして

平成元年に宮古市の誘致企業としてスタートして以来、時代を経るごとに名前は
変わりましたが、お客様のご支援により、今日まで地域に根差した生産活動を行って
まいりました。
そのような中、平成26年に 『 株式会社GUP 』 を設立。独立した会社として新たに
創業を開始致しました。

長年に渡り蓄積してまいりました、技術と経験に甘んじることなく、社会の変化に対応
できるよう、 『 社員も会社も共に成長していく 』 をモットーに、社業の充実・進展に
努めてまいる次第でございますので、今後とも、皆様のご指導・ご鞭撻のほど、宜しく
お願い申し上げます。
代表取締役 社長
笹平 仁

事業内容

・精密金型加工
 (コネクター向けプレス金型用の超硬パーツ加工を得意としております。)

・自動機周辺パーツ
 (超硬材、スチール材)

設備紹介

現在、弊社で稼働している設備は、

平面研削盤(SG)、ワイヤ放電加工機(WSE)、細穴放電加工機(SH)、
型彫放電加工機(SE)、倣い研削盤(PG)、測定機器

” 高精度 ” を身近に・・・をモットーに、品質を支える設備の増強を継続してまいります。

製品加工事例

創業当初から、電子部品用の精密金型部品の加工を行ってまいりました。
その裏打ちされた技術から生まれる品質は、お客様より高い評価をいただいております。

『お客様が求めるモノを極限まで追求し、迅速に形に変えご提供する』

社員ひとり一人の ” 技 ” と ” 心 ” で、お客様に満足いただける製品を提供してまいります。